自分の子供には塾で勉強させるのが良いのか、家で家庭教師とマンツーマンで勉強をさせるのかが良いのかを悩んでいる人に見てほしい情報を集めていきます。

家庭教師の個人契約とは?個人契約の家庭教師アルバイト経験談

2016.11.18

家庭教師の個人契約とは?個人契約の家庭教師アルバイト経験談 はコメントを受け付けていません。

パソコンを持つ家庭教師

【家庭教師の個人契約を始めたきっかけ】
私は大学生の時、塾講師として4年間アルバイトした経験があり、就職をして、2年前結婚を機に家庭に入りました。主人の会社の上司のお子さんがまだ5歳でしたが、最近は幼稚園のお子さんでも塾に通わせている親が多いので、私に家庭教師をお願いしたいと頼まれました。

このことがきっかけで、個人契約の家庭教師を始めました。その上司の方から別の2名の生徒さんも紹介して頂き、今では3人の生徒さんを指導しています。

【個人契約にあたって気を付けていること】
個人契約は会社がないので何かトラブルがあったときに自分で自分を守る必要があります。私は自分でルールを作り、生徒さんの親御さんに紙に書いて渡すようにしています。それは以下の3点です。

  • 1時間1000円の授業料と交通費を頂きます。
  • 教材費やその他経費は保護者の方に負担して頂きます。
  • 一年間の大まかなカリキュラムと到達目標

時給1000円は塾講師のときと同じ時給に設定しています。交通費と教材費さえ払って頂ければ、あとは自分にとっては塾で教えるのと同じだと考えたからです。

一般的な塾や家庭教師よりも値段が安いので皆さん喜んでくださいますし、苦情も全く無いです。

【収入について】
今は全員合わせて週5時間の授業を行っています。教科は算数・英語・国語の3教科のみです。出勤日数は1人週1回×3人で3日間になります。

月の収入は週5時間×1000円×4週で2万円になります。授業料と交通費は当日に現金払いでお願いしています。

【個人契約のメリット】
個人契約で良かったと思うことを以下に箇条書きします。
〇紹介なので嫌な親御さんや生徒はおらず、仕事がしやすい
〇授業料が安いのでプレッシャーがない
〇塾や他の家庭教師のアルバイトより人間関係が楽(上司も部下もいないので)
〇おやつ・食事などを出してくださるときがあるので、少し食費が浮く
〇1対1の授業で、生徒に合わせた勉強が出来る
〇教材も授業の指導方法も自分の好きなように出来る
〇服装も私服なので楽

【個人契約のデメリット】
個人契約の良くないところも箇条書きします。
〇収入が少ない
〇まだ起こっていませんがトラブルが不安
〇指導方法に迷ったときに相談出来る人が親御さんしかいない

関連記事

コメントは利用できません。